あたらしい”はたらく”価値感をつくる場所

Corporate issues

企業として考えるべき課題

人生100年の時代、
スタイリストとして”はたらく”ことに
あなたはどんな意味を込めるのか。

 

 

 

 

Vision

給与
"プロとしての価値”

アシスタントという下積みを経てやっとスタイリストになったのに
なぜこんなに時給が低いのか。

それに理由なんてなく、そーゆー文化だから。

このような根拠がない背景でずっと働くことに
我慢すっるのはもうやめましょう。

 
私たちが身に付けた技術はもっと高貴なもの。
orientalstandardはスタイリストの未来だけではなく、
一緒にはたらくスタッフの未来を考える企業です。

”はたらく”と”くらす”を実現

ママスタイリストの”はたらく”

育児や家事、子育てそしてスタイリスト。
一人の母親として、一人の妻として、そして一人の女性として生きていくときに考えたのは”はたらく”と”くらす”でした。

環境だけ整えても改善することは難しい。
だったら一緒にはたらくことは共に時代をいきる=”くらす”と同じだと思います。

だから私たちは独自の”はたらく”環境を作ってみました。

2つの自由を実現

①.Time be free!!

時間を自由に使う

時給1,000円だとして、1日8時間で8,000円では、家事や育児に終われてしまい、家族とのふれあいの時間が取りづらくなる。

そこで私たちは時給を1,500円以上として1日のはたらく時間を、他の時間に当てられる様にしました。そうすれば1日4時間以上でも6,000円以上手に入れることが可能。でもそれ以上に1日4時間が”自由”ということが一番必要だと思います。

 

 

②.Future be free!!

未来を自由に選ぶ

スタイリストで始まったからと言って、ずっとやり続けることだけが未来ではありません。
みなさんはスタイリストを目指した本当の理由はおそらく「人を綺麗にしたい」「喜んでもらいたい」などではないでしょうか?
であれば人を綺麗にするための技術を学んでできることの幅を広くできたらワクワクしませんか?

orientalstandardではそれが可能です。
スタイリストしながら、アイリストやスパニストの研修も可能です。

”職種を変える=転職しなきゃ”
と考えがちですがせっかく慣れ親しんだ場所を変えるのってすごく勇気と不安があります。
だから私たちでは同じサロンや会社内で職種変更が可能なのです。

10年後に企業が存続している確率は約10%以下です。
残りの90%の企業やお店がなくなります。
そんな中、私たち会社ができることは、企業がなくなっても”くらし”を続けられることだと思います。

こんな”くらし”ができる。

4

子供との時間が作れた

1日8時間拘束では仕事後にすぐに育児や家事をしなくていはいけないけど、3時間早く帰れることで余裕を持って準備ができるようになった。

5

自分の時間が作れた

以前とほぼ月収は変わらないのに自分だけの時間が持てる様になった。今はカフェ行ったり本読んだりして自分一人の時間がもてることが嬉しい。

7

掛け持ちがしやすい

昔は一つの場所しか知らなかったけど空いた時間で他の仕事をやることで色んな場所を体験でき交流が増えて楽しい。

119-kid

私たちもまだまだ挑戦中!

We are under CHALLENGE!!

2021年で挑戦していくのはスタイリストが時代をいきていくために必要な経験と場所をどんどん提供していくことです。

でも私たちも挑戦中です。だかこそ一緒に未来にのこる場所を創っていきたいと思っています!